Silver Bell

不定期更新

<E-mount/Zeiss>FE Sonnar T* 55mm F1.8 ZA

Pair lily


今回はSonnarT* 55mmF1.8 ZAことSEL55F18Zをご紹介。
フルサイズEマウントの鉄板レンズとして名高いですね。
Ultron35mmF1.7 VMと一緒に昨年8月に購入しておりました(またそんな前か)


言わずもがなの定番標準レンズですが、実際使ってみると開放は少し遊びがあったりしてこれはこれで味のあるレンズだなと。
このレンズを使う時は、ボディ側の周辺減光補正だけ切るようにして開放付近の減光はそのままとしています。

F1.8→F2.0→F2.2→F2.5→F2.8と1/3ステップで絞り込みが可能ですが、丁度F1.8~F2.8くらいまでが個人的には美味しいゾーンです。


以下写真

F1.8

sunset color

mirror

まずは絞り開放から。現代レンズからすれば充分にシャープなのですが、ほんのりゆるっとして柔らかい描写が得られます。
トップ写真の様に減光もそれなりにありますので(LrでのRAW現像で更に足していますが)、印象的な画作りも出来ますね。

菓子屋横丁①開放でモノクロを。
実に豊富なトーンで肌やTシャツの質感も凄く好きです。

F2.2

machiyaお次はF2.2で、ここからがこのレンズの真骨頂です。
急激に解像力が上がりカリッカリに。減光はまだ残っていますので、個人的には一番よく使う美味しい絞り値です。

trafficモノクロでF2.2
カリカリ具合、お分かりいただけますでしょうか?

BuildingちなみにF2.8でこんな状態に…充分過ぎますね。

F2.5

まずはF1.8の写真をご覧下さい。
「いいの撮れた?」写真下部の3分の1くらいが巻いているかと思います。
非点収差があるとぐるぐるすると言いますが、そんなに残っているレンズではないと思うので原因は口径食なんでしょうか?
お詳しい方いらっしゃいましたらご教授下さい。

そしてF2.5

Tokyo-Skytree "Bloom of Cherry Blossom" ③前ボケの巻きがほぼ無くなります。
なかなかこの「巻き」を気にするシーンはないかもしれませんが、こんなシーンでは主題より目立つことが無いようにちょっと絞ってあげると前ボケが綺麗に整います。
これより絞りを開けてしまうと巻いてしまうので、F2.5も意外とキーになる絞り値だなと思いました。

まとめ

色々な所で取り上げられていますので、あまり多くを語る必要はないレンズかと思いますが、開放付近の描写について面白いなあと感じたので書き起こしてみました。
何事も安心して任せられる標準レンズであり、勝負玉としても力を発揮する1本だなと思います。

Zzz...